幽体離脱をすぐに成功させたいならば↓がおすすめです

明晰夢で告白のきっかけを

明晰夢というのは、寝ている時に自分で夢だと理解した上で、その夢の内容を自分でコントロールできる状態の事をいいます。

まず、夢を見ている途中にいきなり意識がハッキリします。
起きているというわけではなく、これは夢だと何故か分かるのです。
何故ならば、それを自覚した瞬間に夢の中なのに感覚があるからです。

私の場合は、暗い廃工場のような所で裸足で立っていて、足が冷たいという気持ちから始まりました。
その時は何も着ていない状態、裸のままで立っています。
そして、冷たいと思った次の瞬間、私は靴を履いているのです。
そして寒いと思えば、その次の瞬間にはもう服も完全に着込んでいるという、全てが自分の思い通りになる状況なのです。

例えるなら、良くある近未来SF映画のワンシーンですね。
自分がそれを望んだ時には、もう現実では全て叶っているという夢のような状態です。
そして何故か私自身も、それを疑問に思わないのです。

そして暗い廃工場を歩いていくと、その先には当時好きだった女の子がいました。
現実でも決して仲が悪いわけではなかったのですが、2人きりで会うような関係にまでは発展していなかった頃で、とてつもない喜びを感じたのを覚えています。

私と目が合った彼女は、微笑みながら私の手を握ってくれました。
そしてそのまま、普段現実で話しているような友達同士の会話を楽しみ始めるのです。
そして体感で5分程度経った時に、私はふと思いました。

「そろそろ起きなきゃいけない。」

何故そう思ったのかは良く分かりません。
しかし、そう思った瞬間に私は自分の部屋のベッドに居ました。
夢のような時間が覚めたのです。

夢は普通、夢を見たことくらいしか覚えていないものですが、今でも何故かこの夢は覚えています。

結局この後夢の女の子とは付き合うことになり、1年もしないうちに別れてそれっきりになるのですが、あの時の告白のきっかけは間違いなくこの明晰夢でした。

ちなみにその時見た夢が明晰夢と呼ばれるものだったと分かるのは、パソコンで偶然特集されていたサイトを見たのがきっかけで、当時は告白しろという神様のお告げだと思っていました。

それから色々と明晰夢を自力で見ようと挑戦したのですが、存在を知ってからは一度も見ることができませんでした。
何故あの時明晰夢が見れたのかは、未だに謎のままです。
できることならば、もう一度あの何ともいえない空間を味わってみたいものです。

サブコンテンツ

Twitter始めました。幽体離脱に役立つ情報や新着記事の情報をつぶやいてます。フォローしてくれると嬉しいです。


このページの先頭へ