幽体離脱をすぐに成功させたいならば↓がおすすめです

ダイヤのA -SECOND SEASON第32話の感想

ゲッツーで抑えた降谷ですが、ベースカバーの際に何か不穏なシーンが一体降谷に何が起きてしまったのか不安な始まりでした……。

しかも降谷はボールが少し浮いたのを捕えられてしまいホームランを打たれてしまいました。順調に見えた立ち上がりから暗雲が立ち込めてきましたね。

その後相手ピッチャーを攻略できずに青道も攻め込むことが出来ないどころか、降谷が打者として一塁ベースを駆け抜ける時も先ほどのような足に痛みがあるようなシーンが挿入されました。そして降谷は足の治療となってしまいました。しかし、痛みに屈せず足にテーピングをしながらもマウンドに立つと宣言した降谷に痺れました!

他にも春市は木製のバットを使い続けているのに対して倉持は左打席に立っていたのも印象に残りました。

サブコンテンツ

Twitter始めました。幽体離脱に役立つ情報や新着記事の情報をつぶやいてます。フォローしてくれると嬉しいです。


このページの先頭へ