幽体離脱をすぐに成功させたいならば↓がおすすめです

ついに離脱後の世界からさらに離脱することに成功してしまった。

ついに成功してしまった。

 

2chで「上位名倉」と呼ばれる世界に昨日初めて足を踏み入れてしまいました。

 

 

上位名倉とは、簡単に言えば離脱後の世界でさらに離脱することです。

 

 

昨日久しぶりに離脱をしまして、その世界で座禅をして瞑想をしてみました。

すると現実世界のものよりさらに大きい振動がきまして、体がグワングワンと揺れ出したのです。

 

ちょっと慌ててしまって振動が消滅しかけたのですが、冷静さを取り戻してそのまま転送法で離脱後の世界でさらに離脱に挑戦してみました。

そしてら、なんだか自分の意識の奥の奥にスポンと入り込んだ感覚を感じて、上位名倉と呼ばれる世界に初めて踏み入れられたのです。

 

実はこれはかなりの上級技とされているのですが、ついに私も成功しました。

レベルアップです。

 

 

 

行ってみた感想としては、まずはこの世のものとは思えないような体験でした。

言葉では上手く言い表せないのですが、自分の意識と脳がダイレクトに繋がっている感覚です。

「そんなの当たり前じゃんか」

と思う人も多いかもしれませんが、私たちが普段何かを意識するのって何かしらのステップがあると思うんです。

例えば手で何か(仮に物体Aとする)を触るとすると、手の感覚神経から脳に伝達が行って、これが物体Aの感覚だと脳が認識して、意識として「今自分は物体Aに触っている」と思い起こされるわけです。

上位名倉という世界は、この余計な伝達がないんです。

もう「意識が自分の主体」となっていまして、パッパパッパと様々なことが自分の意識を駆け巡っていまして、まさに自分の脳に自分が入り込めたような感覚でした。

(すみませんが、この感覚を言葉で表すのは不可能に近いです)

私は理系出身なので、ちょっとした複雑な計算(微分方程式)を脳内で計算しようとしたら、脳の計算回路がビビビっと動く感覚を感じ、答えが瞬間的に出てくるという超人ぶりを体験しました。

あの感覚は二度と忘れられないでしょう。

 

 

 

次に、この世界で私は内なる本当の自分に出会えました。

人間って普段は意識のどこかで思考のブレーキがかかっていると私は常に思っています。

すると、本当の自分の考え方というのをなかなか理解することは難しいです。

しかし、上位名倉と呼ばれる世界では、自分が自分のことをどう思っているのか、そしてこれからどうしたいのかがはっきりわかりました。

なんだか、脳の奥の奥に本当の自分が住んでいるような感覚で、現実での社会的な自分と、自分の本心が対話をした感覚でした。

 

古来から仏教では修行僧が山に篭って座禅をして瞑想し、悟りを開くということが行われていましたが、この悟りという行為は、今回私が経験したような脳内の本当の自分に出会う事なのではないかと考えてしまっています。

実際に、今回の出来事で自分の考え方はガラっと変わってしまいました。

修行僧のように悟りを開いてしまったのかもしれません。

その証拠に、死が少し恐くなくなりました。

 

 

 

 

最後に、私は体外離脱は脳内現象だと言い続けていましたが、この出来事でちょっと考えの軸がオカルトよりになってしまいました。

もちろん、今でも体外離脱=脳内現象という考えは捨てきれていません。

しかし、あれほどの超人的な体験をしてしまうと、やはり脳というフレームワークでは捉えきれない何かがこの世界にはあるのではないかと疑ってしまいます。

例えば、自分の脳は意識の入れ物に過ぎず、意識本体は別の場所にあるなど。

(オカルト界ではこれをアストラル体と呼ぶそうです)

ただ、やはり理系出身というプライドがある分、もう少し詳しく調べてみたいです。

 

 

 

とりあえず、興奮気味の体験レポートをご紹介しました。

みなさまも良い離脱ライフをお送りください。

 

あと、もしこの世界を体験した方がいたら、その時の感想などをツイッターか何かで教えてくれると嬉しいです。

では。

サブコンテンツ

Twitter始めました。幽体離脱に役立つ情報や新着記事の情報をつぶやいてます。フォローしてくれると嬉しいです。


このページの先頭へ